秋の花粉症は、もしかすると春に起こってしまう花粉症よりも、厄介な場合が少なくはないようなのです。

FrontPage

秋の花粉症

スポンサードリンク

秋の花粉症

秋の花粉症は、もしかすると春に起こってしまう花粉症よりも、厄介な場合が少なくはないようなのです。これはどうしてなのか、というと、秋の花粉症は非常に過酷な環境にさらされていて、対策なども難しい場合が多いからなのだそうです。風邪と間違われやすい秋の花粉症は、乾燥と寒さという2つのファクターに加えて、アレルゲンが飛び散りやすいことも理由になっているようです。春に比べて秋は急激に空気が乾燥しますし、また寒さも加わってしまいますから、秋の花粉症は防ぐことが難しいとされています。つまり秋は乾いた風が吹き付ける環境にありますから、秋の花粉症を引き起こすものが年中、空気中に飛散しているというわけです。また秋の花粉症の原因となる物質は性質から
いって、非常に舞い上がりやすいことなども困った点でしょう。そこでマスクをしたり、ゴーグルに近い眼鏡で保護したり、引き起こしてしまう物質を極力衣服につけないようにするなどと苦労が絶えないのが秋の花粉症です。
秋の花粉症は、春の花粉症よりも、実際問題として、苦労が絶えないという話もよく耳にしますが、それは本当なのでしょうか。それは秋の寒さが増してくる時期に選ぶような服と言うものの素材が、秋の花粉症を引き起こす物質をことごとくつけてしまう危険性が高いからなのです。春はこれから気温が上昇し、湿度も上がってくることに対して、秋の花粉症の場合では逆のことが起こってしまうわけですから、厄介な問題になってくるのです。つまり秋物の洋服などの素材と言うものは秋の花粉症の原因物質を非常に引き付けやすくなっているので、このような寒さを防ぐ素材を避けなければならないのです。また秋風という言葉があるように、秋の花粉症では、乾燥した冷たい空気が原因物質をさらに撒き散らしていくのですから、大変なのです。そのために秋の花粉症は対策を立てていくことが非常に困難になっていて、いわば防御することも困難だというわけです。
患者本人は非常に苦しいことが理解できていても、春とは違って、風邪と間違われやすく、症状が悪化することもあるのが秋の花粉症です。秋の花粉症も実際に困難なアレルギーであると考えてもいいのですが、患者自身に自覚がない場合もかなり多いのだそうです。つまり秋は風邪にかかりやすく、その症状が長引いていると勘違いしてしまい、秋の花粉症であることに気がつかない場合も多いようなのです。秋の花粉症の苦しさは、湿度が低く、気温も低いために、いっそう辛いものになりやすいですから、困難を極めます。その秋の花粉症を風邪をこじらせたのだと勘違いしてしまい、さらに無意識に原因物質に対して無防備になってしまう患者も多いのだそうです。いわばシーズンが風邪にかかりやすい時期と重なっている分だけ、発見と自覚が遅れがちになっているのが秋の花粉症です。





a:5000 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析